ステップ5.単純接触

【プライベート情報取得】は全ての項目にチェックを入れられたでしょうか?

1回目の出会いでの最大の目的が、プライベート情報取得ですから、ステップ4はキーポイントになりますね。

では次のステップです。

【ステップ5】は“単純接触”です。

1回目の出会いから、2回目の接触までの期間をつなぐのがこの単純接触です。

いかに相手に自分への興味を持ってもらうかが重要になります。

このステップの労を惜しんではいけません。

(1)ザイアンスの法則 ・・・ □

『ザイアンスの法則』をご存じでしょうか?

『単純接触効果』とも呼ばれています。

これは具体例でイメージした方がわかりやすいので、喩え話でお伝えしますね。

ある女性に対し2人の男性がアプローチしました。

100本のバラの花束を渡して1日中一緒にデートをしたAさん。

毎日1本のバラをプレゼントして100日間1日5分ずつ話をしたBさん。

この女性はAさんとBさん、どちらに好感を持ったでしょうか?

答えはBさんなんですよね。

一緒にいた時間に換算すれば、Bさんは5分×100日=500分≒約8時間となり、Aさんの方が長い時間を過ごしています。

しかしながら、人間の心理としては少しずつでもいいので、接触回数の多い相手に好感を持つようにできているのです。

遠距離恋愛がうまくいかないのは、このような心理作用が影響しているようです。

つまり、単純に接触(実際に会わなくてもOK)回数を多く持とうというのがこのステップです!

(2)メール ・・・ □

単純接触をするのに必須ツールが「メール」です。

その多くは携帯メールですね。

このメールを活用するために、前のステップでアドレスを取得したわけです。

あなたが普段どんなメールを打っているかはわかりませんが、相手に送るメールについては、以下の点に必ず注意してください。

1.絵文字を必ず入れる
2.最低でも3行以上は書く
3.1通に1回は相手の名前を入れる
4.1日のやりとりで1つは相手への質問を入れる

これを守ることに加えて、相手の返信メールを判断したうえで、その後のメールの形式を変えます。

相手のメールの形式に合わせます。

例えば、絵文字が多ければ絵文字を多用する。

シンプルなメールであれば、こちらもシンプルに返す。

なぜ、このようなやり方をするのかと言えば、心理学で『ミラーリング』というテクニックがあります。

これは、相手の表情、しぐさ、言葉遣いを真似ることにより、相手から好感を持ってもらうことができるというものです。

それをメールにも当てはめると、相手のメールと近い形式のメールを送った方が、相手により好印象を持ってもらえるのです。

メールでのやりとりは極めて重要.....ですので、まずはこのメールテクニックをマスターしてください!

(3)親近感 ・・・ □

ステップ5の期間は、実際に会う期間ではありませんが、精神的な距離を縮めて、相手に「親近感」を持ってもらうことが可能です。

前述した「共通項」を多く見つける延長戦のようなものだととらえてください。

生活の中でメールのやりとりをしていると、普通は日常的な話題が登場します。

あなたが普段メールをする時もそうでしょう。

その話題の中から、より相手に親近感を感じてもらえる話題をセレクトしていきます。

例えば、相手が電車通勤だとわかっていれば、通勤電車内で思うことを送ってもよいでしょう。

相手が仕事をつまらないと感じていれば、仕事の悩みを送ってもよいでしょう。

前回は相手から共通項を引き出しましたが、今回はあなたから共通項を見出していくのです。

(4)常に先手 ・・・ □

メールは、常にあなたが先に出すようにしましょう。

「先手」をとり続けます。つまり、相手より自分が先にメールを出し続けるのです。

なぜか?

それは『お姫様効果』が働くからです。

お姫様効果とは、チヤホヤされて女性は悪い気はせず、嬉しいと感じる効果のことです。

深層心理で、いつでも女性は少しだけ特別扱いされたいし、大事にされたいのです。

その“特別扱いされたい欲’をくすぐるのが、この先手攻撃です。

相手が連絡をする前にあなたからのメールが来ることにより、

‘も~、またメール来たわ。’

と思いながら、実は嬉しいのです。

男性から興味を持たれているという感覚を味あわせてあげることが大切なのです。

ずっとこの先手攻撃を続けるわけではありませんので、この期間だけは先手、先手でメールを出すようにしてください!

(5)日常生活化 ・・・ □

メールのやりとりを「日常生活化」してください。

‘何だそれ?’と思われるかもしれませんが、相手の心に入っていくには、日常生活化が最も効果的なのです。

日常生活化するのに何をすればよいのかは非常に簡単です。

毎日、決まった時間(タイミング)にメールを打ってください。

ただ、それだけです。

例えば、

1)毎日、仕事が終わったら必ずメールを送る。1通は毎日メールを送る
2)朝電車に乗ったタイミングでメールを送る。そして、仕事帰りにまた電車に乗ったらメールを送る。計2通は毎日メールを送る。
3)朝起きたらメールを送る。お昼休みにメールを送り、寝る前にメールを送る。計3通は毎日メールを送る。

こんなパターンで十分です。

相手のメール文量等も勘案して、メールを送るタイミングを決めます。

決めたら、毎日決めた時間にメールを送ることを、自分との約束として守ってください。

この日常生活化は、ボディーブローのように、相手に次第に効いていきます。

(6)悩み ・・・ □

あなた自身に軽い「悩み」を1つ作ってください。

仕事や人間関係や趣味の悩みなどが最適ですね。

相手に聞いてもらった時に、相手の気分も滅入ってしまうような思い悩みは絶対に避けてくださいね!

これは相手と接触しやすくするための口実です。

悩みの相談を1つの接触材料にするのです。

これまでの流れがしっかりできていれば、相手もあなたに少なからず興味を持っていますし、特別扱いしてくれる異性の悩みがどんなものであるのか聞いてみたいと感じるはずなのです。

そこでどんなアドバイスをもらっても解決に近づくような軽い悩みを1つ作っておいてください。

注意点としては、作り話は厳禁です。

話を進めるにつれて、リアリティのない悩みはボロがでます。

どんなに軽くてもかまいませんので、実際に悩んでいること、迷っていることをあえて...作ってください!

(7)駆け引き期間 ・・・ □

ある程度メールのやりとりが「日常生活化」してきたら、ここで一度あなたからの連絡を途絶えさせましょう。

いわゆる「駆け引き」ってやつです。

人間の心理上、当たり前のものが当たり前でなくなると、ついつい気になるものなのです。

特に異性とのやりとりはそれが顕著に出ます。今まで軽く押し続けてきたので、ここでちょっと引いてみます。

1日だと‘たまたまかな?’と思われて終わってしまうので、最低3日~5日くらい途絶えさせると効果的です。

うまくハマれば、相手の方からアプローチがあるはずです。

その際には、すぐに(8)の項目に進んでください。

(8)1回だけ電話 ・・・ □

駆け引き期間を置いた後に「1回だけ電話」をします。

なぜ1回だけなのか?

それは、あまり電話の頻度を増やしてしまうと、‘電話でちょくちょく話してるし、直接会わなくてもいいかな。’と思わせてしまう可能性があるからです。

だから、基本のやりとりはメールにして、1回だけ電話をするのです。

また、この電話はサプライズ(不意打ち)になりますから相手としても新鮮な印象を受けます。

駆け引き期間で気になり始めた後ですし、「何かあった(驚)?」くらいのリアクションはあるかもしれませんね。

心理学上、新鮮さはドキドキ感につながる効果もあります。

このサプライズの電話で初めて会った時と同様に会話できれば(その時より情報がある分、会話もはずみやすいです)、

‘やっぱり楽しい!’

と思ってもらえて、次に2人で直接会うハードルを低くします。

この電話の目的はただ1つ。次に会う約束の伏線をはることです。

ここで、1つの心理テクニックを使ってみてください。

うまくいかなくて元々、仮にこれがうまくいってしまえば、次の【ステップ6】は飛ばしOKです。

それは『ドアインザフェイス』というテクニックです。

このテクニックは、最初にあえて断られそうな難しい要求をしてみます。

それが断られたとしても、相手には罪悪感が残りますので、その罪悪感を払拭するために次の簡単な要求は受け入れやすいのです。

例えば、「久しぶり。ところでさ、この前話してた●●の件でちょっと色々教えてもらいたいんだよね。近々2人で飲みに行かない(←難しい要求)?」と言えば、まだ警戒している相手には断られるかもしれません。

ただ、断られても「じゃぁ、お茶でも行こうよ(←簡単な要求)。」にすれば、OKがもらえる可能性が高いのです。

元々お茶で十分なので、このテクニックをぜひ使ってみてください。

仮に飲みにOKが出ればもうけものです!

もし理由を聞かれた場合は、「最近ちょっと悩んでることがあって、聞いてほしかったりもするんだよね。」であらかじめ用意していた悩みの概要をサクッと話せば信憑性が増します。

長い時間話す必要はありません。

5分くらいの電話でOKです。

(9)デートアプローチ ・・・ □

2回目に会う詳細を決めます。

「デートアプローチ」です。

既に電話で会う約束自体はしているので、詳細をつめるだけですね。

これはメールでかまいません。

あまり間をあけずに決めてしまいましょう。

この決める際のメールでは、必ず相手に選択肢を与えてください。

選択肢を与えられると女性は、

‘配慮されている’
‘気を遣ってもらえている’

と感じ、好印象を持ちます。

ですから、

「●曜日と●曜日だったら、どっちがいい?」

という形で質問メールを送ります。

後は相手の返信に合わせ、日程を決めればOKです。

(10)貸すものを用意 ・・・ □

2回目に会う事前準備として、相手に「貸すもの」を用意しておきましょう。

それは相手とのやりとりによって変わりますので、一概に何が良いとは限りません。

この相手に物を貸すのには2つの効果があります。

1.‘自分の喜びそうなことを考えてくれた’と相手に思わせられる
2.3回目に会うきっかけとなる

例えば、私の場合であれば、東野圭吾さんの本をかなり使っています。

本はきっかけがないとなかなか読めないので、人からの薦めが意外といいきっかけになることが多いのです。

『白夜行』や『秘密』や『仮面山荘殺人事件』などは、初めて読む人にも読みやすいので使っています。

また、好きな劇団の芝居のDVDも使っています。

意外と反応は上々ですよ。