肥満を改善するためには体脂肪率を減らすダイエットが効果的

自分の肥満の程度を把握するためには、体重のほかに、体脂肪率を計測することです。健康診断などでは身長や体重を測りますが、体脂肪まで測ることは少なく、隠れ肥満になっていても見つけにくくなっています。体重を測る時に、体脂肪率も計測ができる家庭用のヘルスメーターもありますので、自己管理に役立てることができます。体重が標準値に収まっていても、体脂肪が多ければ肥満になってしまいます。隠れ肥満の解消にもダイエットは欠かせません。ただ体重を減らすのではなく、体脂肪の少ない身体をつくることが目的です。そのため、1日の摂取カロリーは同じでも、食べる内容を変えていく必要があります。運動量が少ない人や、糖質を摂り過ぎている人は、隠れ肥満の可能性があるといいます。普段から甘いものを良く食べていると、どうしても糖質を摂り過ぎてしまいます。体脂肪を増やさないようにするには、炭水化物を控え目にすることも重要になります。特に日頃から運動不足の場合は、運動量を増やすことで比較的簡単に体脂肪を減らすことができます。積極的に体わ動かせば筋肉量も多くなりますので、基礎代謝が高まり、ダイエットがうまくいきます。肥満の原因をよく知り、自分のタイプに合った方法を行うことが、ダイエット成功のカギになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする