ダイエットをしたい時は極端な食事制限は避けた方が無難

ダイエットで痩せたいという気持ちを抱いている人は、実行に移す前にしておきたいことがあります。ゴールを明確に設定せずに、漠然としたダイエットに取り組むと、うまくいかないことがあります。腹周りの皮下脂肪を意識するようになったり、去年まで着ていた服が着られなくなるなど、ダイエットの動機は個人差があります。しかし特にそういう理由もないのに、食事を抜いたり、特定の食品だけで食事をすませたりというのは、あまりお勧めできません。極端な食事の減らし方をすると、一時的に体重を減らすことができても、体の具合を損ねてしまうということがあるようです。ダイエットによって体重を減らすことは大切ですが、健康を害するようなダイエットでは本末転倒です。また、食事制限によるダイエットのデメリットは、身体がカロリーの蓄積を常態化してしまうことにあります。一時的に体重が減ったように見えても、リバウンドが起きて結果的に体重が増えてしまう場合もありますので、しないほうがいいでしょう。より健康にいいダイエットをするには、運動量を多くして、カロリーをエネルギーにして使うことです。また、筋トレによって筋肉量を増やして新陳代謝を上げることで、より体重が落ちやすい体質になります。効果的なダイエットをしたいなら、カロリー制限はやり過ぎないようにして、運動量を多くして脂肪を燃やせる状態を持続させることです。ダイエットしたい時には、実践する方法をしっかり選択することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする