リバウンドを防ぐには食事制限だけでなく適度な運動も必要

リバウンドを防止できるようなダイエットをするには、リバウンドの成り立ちを把握することです。リバウンドは、ダイエットのためにと一時的に減らしていた食事を、減量が成功したからと元の量に戻した時に起きる現象といえます。食事制限を行っているうちは手軽に体重を落とすことができますが、食事の量を元通りのものにすると使い切れなかったカロリーが体脂肪になって蓄積されます。ただ食事の量を少なくているだけのダイエットをすると、体質を改善するような効果はありません。食べないでいる状態を維持すればリバウンドは発生しにくいでしょうが、それでは体が必要とする栄養が足りなくなってしまいます。ダイエットをしている時にリバウンドを防止できるように、体質も改善するようにしましょう。ダイエットをした時に、基礎代謝が下がってしまうとリバウンドが起きやすくなるので、基礎代謝に配慮することです。じっとしていてもカロリーが消費できる状態になるには、基礎代謝の高い体質になって、一日に使うカロリーを多くすることです。運動量を増やし、全身に筋肉をつけることで、基礎代謝の高い体になり、リバウンドを防止することができます。筋肉増加に伴い基礎代謝の高い体になることができますので、リバウンドの防止にはぴったりです。筋肉を使った運動をして、筋肉量の多い体になることで、ダイエットをしてもリバウンドを起こさずに済みます。カロリーを制限するだけのダイエットはリバウンドの原因になりますので、筋肉を増やすための運動も意識して実践しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする