朝食を食べないダイエットをする時は体重が増えるリスクに注意

体重を落としたいと思う人の多くは、食事量を減らすことで、カロリー摂取量を抑制するようです。朝はコーヒー一杯程度しか摂らないという生活スタイルの人もいます。朝食を摂らずにいれば、一日に摂取するカロリー量が少なくなりますので、体重が減らせるという人は多いようです。朝ご飯を抜くことは妙案のように感じられますが、実際にしばらく朝ご飯を食べないでいると、体重が増えるという可能性もあります。朝食を摂らないダイエットのネックは、空腹状態が長いことで、食欲が逆に強化されてしまうことです。欲はコントロールしにくい感情であり、特に食欲や睡眠欲などの欲求は、気持ちと無関係にわいてきます。つまり、朝ご飯を食べずに午前中の活動をしていると、昼には普段よりお腹がすきやすくなってしまうのです。空腹感が強いと、目の前の食事をたくさん食べたいという気持ちになり、無意識のうちに食べ過ぎてしまったりします。自分でも意識していないうちに食べる量が多くなっていて、結果的に一日のカロリー摂取量が増えていたということもあります。人体は、食事を抜いたことで体重が減るものではなく、減ったとしても後で反動がきます。体重を落とすことを目的としてダイエットを行う場合は、身体のメカニズムを把握しておきましょう。ダイエット取り組む際には、何をすると体重が増えるのかを知り、無理なく続けられる方法を実践することです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする