食事制限によるダイエット方法は失敗しやすいのか

どうすれば体重が少なくなるかを理解した上で食事を減らすことが、食事制限ダイエットでは大切になります。食事制限ダイエットは、摂取カロリーを減らして痩せることを目的にしたダイエット方法です。摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば、理論的には誰だってダイエットに成功すると考えられます。しかし、無理な食事制限ではダイエットに成功することはありません。基礎代謝を減らすことで、食事が減っても健康に影響が出ないようにしようとする場合もあります。人の体は、何もしないで横たわっていても、体温維持や消化活動などでエネルギーを使います。これを基礎代謝といいます。基礎代謝が高い人ほどダイエット効果が得やすいということになりますが、食事量を減らすと基礎代謝が下がるので、ダイエットしづらくなります。このような体では、食べたものをエネルギーに効率的に換えることができず、あまったエネルギーが脂肪として蓄積をしてしまうのです。さらに基礎代謝が低い状態でダイエット前の食事に戻してしまうと、たちまちリバウンドをしてしまうことになります。食事制限によるダイエットをする際には、急激に食事量を減らさないことがポイントです。体に負荷がかからないように注意しながら、状況を把握しつつ食事を少なくすることで、基礎代謝を下げすぎずに済みます。極端な食事制限を行うと、お腹がぺこぺこになった時に食欲を抑制するのがつらくなりますので、身体を慣らしていきながら、カロリー制限を進めていくといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする