食事制限のダイエットで失敗しない方法とは

ダイエットにと食事制限をする場合、一時的な効果が出たとしても、挫折する人が多いようです。手軽に行える食事制限の方法としては、一回の食事をサラダだけにしたり、こんにゃくだけにするというものでしょう。ハードなダイエットをした結果、体調を崩してしまったという経験がある人も結構いるようです。無理のある方法は反動でリバウンドしてしまうとか、肌荒れやホルモンバランスの乱れに悩まされて断念する場合もよくあります。体に負荷の大きいダイエットを避けることで、食事制限をしても、長期間にわたって続けることが可能になります。最初のポイントは食事を夜8時までに済ませることで、これはよく知れらていることですが、意外とできていない人が多いようです。夜、眠りにつく時に、体の中に不要なカロリーが残っていると、眠っている時に中性脂肪になって体の中に貯め込まれます。糖質を含む食事を控えて、血糖値が増えないように配慮することも、大切です。血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されます。これが、お腹が空いた感覚を強める成分になります。お腹がすいたという感覚が強くなると、胃の内容物が消化される前に食事を摂ってしまうことになります。食欲の強さが高まると、一回の食事量が自然と多くなり、間食の機会もふえます。そうなると使い切れなかったカロリーが脂肪になりやすくなります。食事の時間管理と食事内容の見直しをして緩やかに血糖値を上げることが、無理のない食事制限で効果を出すためのポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする