ウォーキングダイエットの注意点

頑張りすぎないことが、ウォーキングダイエット長続きのコツです。具合がよくないような時に無理をしないことは言うまでもなく、頑張りすぎて体に負担がかかってしまうようなウォーキングもやめましょう。ウォーキングダイエットの目安は、軽く息が切れる程度で止めることです。どのくらいの運動ができるかは人によって差がありますから、自分以外の人を意識して運動量を調整する必要はないでしょう。運動の最中でも水分を摂取し、かいた汗の分は補うようにするといいでしょう。糖分やカフェインの含まれていないお茶類や水が適していますが、低血糖対策に清涼飲料水を使った方がいいという方もいます。特に空腹時のウォーキングは体調不良を起こしやすいので、自分の体質と見合わせながらスケジュールを組んでくださいね。体重を減らすためにと無闇に食事量を減らしてもダイエットにはなりませんので、注意しましょう。ウォーキングダイエットの前には準備運動も忘れずに行ってください。準備運動をしないで、いきなりウォーキングを始めるのは体調を崩したり怪我をしたりするもとになります。たかが準備運動と軽視せずに、ウォーキングダイエットの一環だと考えてください。ダイエットにウォーキングを取り入れることは、効率的なスケジュール立てと自己管理が重要ですので、自分に合う、無理のないウォーキングプランを立ててください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする