ダイエットに効果的なウォーキング

ウォーキングでダイエットをするには、漫然と歩くだけでは不十分です。蓄積された体脂肪をウォーキングで燃やすには、運動になる体の動かし方を覚えましょう。姿勢を正すことがよいウォーキングの基本ですので、猫背は直し、背筋をピンと伸ばしてよい姿勢でのウォーキングをしましょう。猫背姿勢のままで歩いていると、ウォーキングをしても筋肉の運動効果が半減しますので、ダイエットにはなりません。歩く際の両足の幅は大きめに取り、大きな動作でのウォーキングをしましょう。2歩歩くと身長と同じくらい進めるような歩き方を心がけます。何も考えずに歩くと、30%程度小さい歩幅になるようですので、注意して歩幅を広く取り、姿勢を良くすると早く歩けるようにもなります。ダイエット効果を上げるためには早足でのウォーキングがお勧めなので、歩幅に気を配る以外にも腕を振るなどして意識的にスピードを上げていきましょう。ウォーキング中は視線を前方に向け、顔を上げて歩きましょう。ウォーキングをしていても姿勢がまっすぐにならない人は、視線が下を向いていることがあります。歩行中にガラスに映る自分の背筋を確認してもいいでしょう。正しいウォーキングでなければダイエットになりません。全身をトータルに見つめることで体形の変化にも気が付きますから、きっとウォーキングによるダイエットにもハリが生まれることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする