朝食を置き換えてダイエット

朝ご飯を利用して置き換えダイエットに励む人が多いのは、仕事や時間的な都合で昼や夜の置き換え食が難しいことがあるためでしょう。しかし、朝食でカロリーを摂取を制限しすぎると自律神経の作用に悪影響が出て、午前中の活動に支障が生じて脂肪が燃えにくい体質になってしまうという場合もあるようです。失敗しないダイエットのためには、朝も食事を続けましょう。置き換えダイエットを朝ご飯でトライすること自体は悪くはありませんが、その場合は睡眠状態にある体を食事で起こし、その日の活動を助けるに十分な食事をしながらのダイエットが求められます。きちんと噛んで食べることができるよう、シェイクやゼリーでの食事だけで朝を終わらせてしまわないようにしましょう。噛んで食べるダイエット食品と、噛まずに食べられるダイエット食品とが販売されていますが、どちらを利用するかで、体に及ぼす結果には明確な変化があります。噛みしめて脳を刺激することにより、寝ている間に働いていた副交感神経から起きてから働く交感神経への切り替えができるのです。ダイエットのためには夕ご飯を深夜に摂取したり、就寝直前の食事を回避することが推奨されます。それは、この副交感神経の作用によります。起きてしばらくボンヤリが抜けなかったり、集中しきれないということを予防するには、しっかり噛んで食べることです。よく噛むことを優先させて選べば、クッキータイプの置き換えダイエット食がお勧めです。おからから作ったダイエットクッキーは、噛む必要があるだけでなく、食物繊維が豊富で便秘対策にもなります。おからクッキーは噛んで食べると満腹感が増し、優れた置き換えダイエット食材といえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする