ダイエットメニューとたんぱく質

一日に食べる量をできるだけ少なくすることで、ダイエットに効果的な食事のメニューを作ろうとする人がいます。けれども、食事からの栄養摂取がきちんとできていないと、ダイエットを中断せざるをえないほど体調を崩したりします。ダイエット中のメニューで、必ず摂らなくてならない栄養成分に、たんぱく質があります。たんぱく質は、筋肉を作るために必要な栄養成分で、筋肉の量は基礎代謝と重要な関係があります。体温維持や、内臓機能の活動など、体を保つために必要なカロリーが基礎代謝です。ダイエットを滞りなく進めるためには、基礎代謝の高い体になって、一日で使うカロリー量をより多くすることです。ダイエット中に筋肉が衰え、代謝が下がってエネルギーが燃えにくくなるということが起きないよう、たんぱく質を摂取しましょう。ダイエット中の献立はたんぱく質が足りていなかったために、体重が思うように減らなかったという方もいます。たんぱく質の摂取量が不足すると、体は緊急事態と認識してホメオスタシスの機能が働いて、ダイエットしにくい体になってしまうことがあります。体内のエネルギーをできるだけ使わないようにするという働きがホメオスタシスの正体です。このことによって、人間は、食事が食べられない期間がしばらく続いて、生きていくことができるのです。たんぱく質を長期間取らない食事メニューばかりだと、体は緊急時だと判断してしまう事があるのです。ホメオスタシスの機能しない食事メニューにするには、あまりカロリーを減らし過ぎず、たんぱく質も一定量は摂取するようにすることがポイントです。たんぱく質の補給がしっかりと行われていないと、筋肉の量が減って、基礎代謝が下がって、脂肪が燃焼しづらくなります。筋肉が少ないと、基礎代謝も少なくなります。基礎代謝の少ない体は脂肪が燃えにくいので、ダイエットをしてもなかなか効果が得られません。ダイエット中は、基礎代謝を意識したメニューを心がけ、たんんぱく質の摂取量を極端に落とさないようにする事が、成功のポイントになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする