ダイエットメニューとホメオスタシスについて

ダイエットメニューで脂肪分を抜いた食事や低カロリーの食品ばかりだと、栄養のバランスが悪く、体に負担がかかるのであまりおすすめできません。体調を崩してしまっては、ダイエットの妨げにもなるので注意が必要です。極端に栄養の偏った食事メニューは、一時的に体重が減ったとしても、健康を害する恐れがあります。そして、ダイエットに失敗してしまう原因にもなりやすいので、食事を制限する時には安易に量を減らしたりはしないようにしましょう。よく一品置き換え型のダイエットが行われていますが、成功できる可能性はごく低いようです。ダイエット直後にリバウンドがあるのは、栄養の偏りをしっかり考えずに食事をしていた時です。リバウンドしたせいで、ダイエット前よりもむしろ太ったということもありえるといいます。確かに、低カロリーの食事にすることはダイエットでは大事なこともかもしれませんが、糖質や脂質など体が必要としているものを食べずにいては、とても健康を保つことはできません。食事の量を制限して、カロリー摂取量が少なすぎると、体に必要な栄養分が入ってこないので体が緊急事態と認識して、ホメオスタシスと呼ばれる機能が働きます。ホメオスタシスは、体の生存能力のひとつで、遭難した時など食べることが出来なくなった場合に起こる現象です。非常事態と体が認識すると、入ってくる栄養素を体は最大限に使おうとして、温存しようとします。なるべくエネルギーの消費量を抑えようと働いて、少しでも長く生きようとするのです。せっかくカロリー摂取を抑えてもホメオスタシスの働きのせいで、脂肪の燃焼スピードが低下してしまうことがあります。食事の量を減らしているのに体重は減らず、リバウンドが起きやすい状態になってしまいます。リバウンドの危険性と、ホメオスタシスの働きを踏まえた上で、ダイエットを成功させるための食事メニューを決めることです。カロリー量を制御しながら、ビタミンやミネラル、脂質や糖質も十分に摂取することが、ダイエット時のメニューとしては重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする