下半身ダイエットと骨盤のゆがみ

世の中には様々なダイエットがありますが、その中の一つが下半身の歪みを適切に治すというダイエット方法です。骨盤のゆがみは、内臓に悪影響を及ぼすだけではなく、むくみやすくなってやせにくい肥満体質になる原因になります。歪みやずれのない骨盤にすることと、適切な運動をすることが、下半身をシェイプアップさせるためには必要です。自分の骨盤のずれ具合を調べたいという時は、何をするといいでしょう。その場にまっすぐ立ち、目をつむり、50回の足踏みをします。足を上げ、手をふって、きちんとした動作で足踏みをしていきます。足踏みが終了した後に、足が、どの方向かに移動してしまっていたら、骨盤は多少歪んでいるということになります。効率的に下半身のダイエットをしたい場合は、骨盤のコンディションを整えることです。エクササイズ運動で、骨盤の状態を改善することが可能です。四股立ちという、エクササイズです。立って、両ひざを真横に開いて腰を落とし、両手は膝の上においてひじを伸ばします。下半身の状態が整ったならば、右なら右、左なら左の肩を斜め前に向けます。股関節が安定していれば、肩を前に出しても姿勢を維持できます。肩を右、左と順序よく倒します。腰から上が前へと傾くなら、どこかに歪みが残っているといえるでしょう。下半身ダイエットのために骨盤を矯正したい人は、四股立ちなど簡単なエクササイズを、地道に続けるのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする