内臓脂肪とダイエット

内臓脂肪が気になり出したらダイエットのタイミングかも知れません。くびれたウエストや引き締まったヒップに憧れてダイエットに取り組む人は多いようです。本来ダイエットは健康にために行うということが基本です。太っているとか痩せているといったことに限らず、体に余計の脂肪がついていないという観点で、ダイエットを行う必要があります。人間の体にある脂肪は大別すると2つです。主に内臓のまわりに増える内臓脂肪と、皮膚と臓器の間に増えるという皮下脂肪です。皮下脂肪は、比較的自覚しやすく、例えばお腹を触った時につまむことができるような脂肪になります。お尻の大きさや足の太さも、皮下脂肪が増えたことでそうなるとされています。これに対して内臓脂肪は、必ずしも見た目と一致しません。細身で脂肪がどこにもないような人でも、案外と内臓脂肪が多いという場合もあります。筋肉量が多くないという人は、外見の印象以上に内臓脂肪がたくさんついていることがあります。内臓脂肪は皮下脂肪よりわかりにくいため、脂肪があることが自覚しにくいものですが、健康への影響は内臓脂肪な方が大きいといいます。多くの人が、外から見た脂肪の減少を目的にダイエットを行っています。内臓脂肪が多い人は、外見的にはダイエットの必要性が乏しいように見えるかもしれませんが、そうではないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする