減量と体重が増えるメカニズム

どういったプロセスで体重が増加するか把握することによって、減量への取り組み方がわかります。脂肪が増えることで体重が増えますが、それは運動などで使うカロリーより多くのカロリーを食事などで取り入れたためです。脂肪とは、その時消費しきれなかったカロリーです。今後に備えてカロリーを脂肪にして蓄積する仕組みが、人体には組み込まれているというわけです。効率的に減量を行うためには、摂取カロリー量が消費カロリー量以下になるようにすることです。そうすれば自然と減量ができます。体内に取り入れた食事をカロリーに換算したものが、摂取カロリーとなります。人は、生きていくために一定のカロリーを消費しています。循環器や心肺機能を維持する生命活動に費やすエネルギーと、運動など体を使うために消費するエネルギーです。基礎代謝とは、使うエネルギーの約70%に達しているといいます。減量する為には、基礎代謝をあげる必要があります。食事制限によるダイエットを一定期間続けているという人は、カロリーの低い食生活に体が慣れて基礎代謝の低い体質になってしまっているということがあります。たんぱく質を取り入れ、運動量を増やすことで、基礎代謝が下がってダイエットがうまくいかないという方の突破口になります。健康に良い減量をするには、基礎代謝の高い体質に改善することがポイントになります。基礎代謝の高い体になることで、普段通りの活動をしていても脂肪燃焼が促進されるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする