減量には食事を見直す方法が大切

食べる量を減らすことによって減量を行い、体重を少なくしたいという人はたくさんいます。食事量だけでなく食事内容にも気をつける事をおすすめします。減量するには基礎代謝を上げる事ができれば効率よくダイエットできるようになります。基礎代謝のより高い体質になるには、食事だけでなく、体を動かして筋肉増量をはかることです。ストレッチ運動やダンベル体操など、筋肉を増やす運動を継続することで基礎代謝がアップできます。筋力トレーニングをすること自体、エネルギーを消費します。継続していると体に筋力がつき、最終的には基礎代謝のアップにつながります。筋力トレーニングは、無理して毎日する必要は無く特に筋肉をつける為、減量する為には週2~3日程度の方が効果的なのです。筋力アップをするには、食事内容にも気をつける必要があります。減量の手段としてカロリーの低い食材ばかりを意図して選んでいる人もいますが、基礎代謝の低い体質になってしまいます。筋肉量を増やすには、筋肉の源になる良いたんぱく質を摂取する必要があります。減量という言葉で連想するのは、脂肪や肉を使わない食事をすることでカロリー制限をするという方法です。基礎代謝が低くなって、体が食べたものを蓄えようとする機能が働いて低消費モードになってしまいます。減量したいならば、たんぱく質を意識して取るようにする事が大切です。たんぱく質でも低カロリーである鶏肉、納豆、豆腐、ヨーグルトなどを摂取しましょう。体重を減らすために低カロリー高たんぱくの食事内容と適度な運動を続けることが、効率よく減量するためには最低限必要な事なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする