女性の平均体重とスリム化

女性の平均体重は、年を増すごとに徐々に減ってきていると言われています。平均体重は、発表されるデータで毎年の推移を知ることができます。このデータから、日本人の体型が変わっていることがわかります。男性の20代時点での平均身長と平均体重は、170.8センチ64.4キロが、平成6年の記録となっています。女性の平均身長と平均体重は、平成6年で157.5センチ、51.2キロでした。10年後に当たる平成16年の平均身長と体重は、男性が171.8センチの66.5キロで、女性は158.3センチの50.9キロとなっています。男性は平均身長が1㎝上昇、平均体重が2㎏上昇しています。どちらも上昇していますが、やや太め体型になっています。一方女性は男性と同様に、身長が1センチ程度伸びたのに対して、平均体重はなんと300グラム減少しています。一般的に考えれば、身長と共に体重も増えるはずです。ところが女性の平均体重は減少しており、やせ体型の人が増えていることがわかります。やせ体型を好む傾向は、特に10代後半から30代にかけて多いようです。これからも体重を少なくしたい女性は多くなっていくでしょう。平均身長は、食事内容の変化などで男女とも上昇傾向にあり、男性はますます大柄になると考えられています。平均体重が増えたからと、それが太ったことに直結するわけではありません。平均体重の減少理由には、運動不足などからくる筋肉量の低下が関与しているのではないかという説も存在します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする