女性の平均体重と標準体重

標準体重と平均体重は、女性の場合は一致していません。平均体重を調べても、自分の標準体重はわかりません。身長や性別によって異なるためです。標準体重は計算で算出することができます。標準体重の計算方法はいくつかありますが、身長(㎝)から100を引き、9を掛けた数字イコール体重(㎏)という計算が定番でした。この頃は、BMI法という計算方法が主として用いられています。身長(m)の二乗で体重(㎏)を割った数字を指数として使います。BMIの結果は、日本人の平均体重とほぼ合致しているようです。しかし、女性の平均体重は平均体重より少ないことから、やせ型嗜好が読み取れます。標準体重とは外見の美しさではなく、統計的に疾病がおきづらい体重はいくつかという観点で決まっています。ダイエットに取り組む女性の中には、BMIの適正体重では多すぎであり、平均体重まで痩せるべきという人もいます。BMIで示す標準体重とは、計算結果が18.5~25であればそれでいいという考え方です。平均体重と平均身長でBMIを計算すると、結果は22より少なくなります。運動不足になる筋肉量の低下や、ダイエットの影響によって女性の平均体重は今後も減少傾向にある考えている人は少なくありません。平均体重はあくまでも自己申告による調査結果でもあり、BMI法も体脂肪までは加味されてはいない数値になります。やせ志向や平均体重にとらわれず、自分にとっての最適な体重や体脂肪率を知ることが、女性が理想的体型になるためには大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする