痩身と脂肪分解の仕組み

痩身を成功させたいのであれば、まず、脂肪がどうしてエネルギーに変わるかを知りましょう。脂肪がどういう流れで消費されるかは、意外と重要な知識です。体についた脂肪の事を体脂肪と呼びますが、常に合成と分解を繰り返しています。体脂肪率は、どのくらい脂肪が作られており、どのくらい脂肪が使われているかによります。脂肪の合成量と代謝量の差によって、脂肪は増減します。脂肪の代謝を促進することで、痩身を成功させることができるでしょう。毎日の運動で脂肪の燃焼を高めながら、栄養の偏りのない必要不可欠な食事量になるように調整をします。脂肪の代謝には、リパーゼという酵素が関わっていることが知られています。脂肪細胞とリパーゼを反応させるには、副腎皮質刺激ホルモンという名前のアドレナリンがなくてはなりません。アドレナリンの分泌には、ある程度の運動が必要です。痩身を促進するには、食事の見直しだけでなく、運動を習慣づけてアドレナリンを補充することも重要です。脂肪の分解作用を活性化させ、体脂肪を積極的に減らすには、運動などでアドレナリンの分泌量を増やす必要があるです。体脂肪は分解され、血液に乗って体内を巡った後に肝臓でまた脂肪に戻るか、筋肉でエネルギーとして使われるかしています。脂肪をエネルギーに変えて使う機会を増やすことによって、痩身しやすくなりダイエットがうまくいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする