女性の体型

その人がどんな身長、体重かで女性の体型は変わります。細身の人もいればふっくらした人もいます。年齢によって大きな差があるのが、女性の体型の特徴のようです。身長も体重も増えるのは10代半ばまでで、体はどんどん大きくなります。女性ホルモンの分泌が増える10代半ば以降は、成長は一段落して体型が女性らしくなります。胸やヒップなどが豊かになり、より女性らしい体型になります。20代に入ると脂肪のつき方や体重も安定して、ウエストラインも整って大人の女性というべき体型ができあがります。30代は体重の増加が起きやすい時期です。下腹部やお腹まわり、腰回りに余分な脂肪が蓄積されやすくなります。バストやヒップが重みに引かれて下がりやすい時期でもあるようです。腰など上半身の肉づきが良くなり、下半身が細くなるのが40代及び50代の女性の体型の特徴だといわれています。何歳になったかで、体型は少しずつ異なっていきます。体型には個人差がありますが、女性であれば誰でもこのような傾向があります。年を取ると体型が崩れてしまうことは誰にもあることですが、女性らしさを留めることは食事の改善や日々のエクササイズなどでできるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする