妊娠中にダイエットをする時の注意点

妊娠中に体重の増加が気になってダイエットを始めると、どういう危険があるのでしょうか。お母さんが食事量を制限してダイエットをすると、赤ちゃんの成長に差し障りが出ます。特にダイエット中は脂肪分や炭水化物を減らす人が多いのですが、胎児にとっては体を作る大事な栄養素です。母体に栄養素が足りなくなった場合、もちろん胎児にもいきわたらなくなり低体重児になる危険性が高まります。食事が足りず飢餓状態だった人が産む子どもは、脂肪が蓄積されやすいことがあるようです。ダイエットを目的としたサプリメントを使っていた人は、身ごもってからはサプリメントは使わないようにしてください。妊娠中にどのような作用を及ぼすかわからないダイエットサプリメントもありますので、うかつに使わない方がいいようです。妊娠中に激しい運動をするのもご法度です。安定期に入ってからは、適度な運動は大事です。けれどもダイエットを目指す激しい運動は妊娠中はできません。ちょうどいい程度の運動を行いましょう。妊娠中は胎児の分も含めた栄養が必要ですし、出産時はかなりの体力を使います。ダイエットのことは妊娠中は据え置いて、体のことを第一に考え、母胎に必要な栄養素を偏りなく摂取するようにしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする