体重の減少

健康維持を考えるのであれば、体重の減少を目的とした強引なダイエットは、控えた方がいいでしょう。人間の体は、一定の年齢に達すると身長や体重の伸びが減り、体格や体のサイズがそれ以上は変わらずに安定するものです。ただし、身長はさほど変わらずとも、体重は食べたものや環境で増えたり減ったりします。身長にはそれぞれ、適正体重が決まっています。自分の適正体重を知り、体を適度に動かし、食事の量をコントロールしてその数字を守りましょう。体重を減少させるためのダイエットを行って、増えすぎている体重を減らすことも健康維持に効果的です。短い期間で体重を減少させるようなダイエット方法もありますが、急激に痩せることは体に負荷がかかり、リバウンドの温床になりがちです。たとえダイエットへの熱意が強くても、体重の減少ペースは1ヶ月に2㎏を目安にしてください。ダイエットをことさらにしなくても、体調不良によって体重が減少するケースもあるといいます。胃腸炎を起こした時は、食欲がなくなり同時に下痢などを起こすことで、何もしなくても体重が数キロ減少します。しかしこれは、一過性のことです。病気が原因で減少した体重は、体調が回復するとともに速やかに元の適性体重に戻ります。人の体は簡単に体重が増えたり減少したりしないように、常にうまく調整されているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする