体重が減少する原因

体重が減少する原因はいろいろあります。ある程度の年齢に達すると、体重の変化は小さくなりがちです。一年のうちに体重が2㎏増えるか減るかという程度なので、自分の体重が普段は何㎏なのかは理解できてくるといいます。胃腸のトラブルや、風邪をひいたために体重が減少するという場合があります。身体疾患によって体重が減る理由には、食欲の低下、食べたものを吐いてしまうなどでカロリー摂取が減ってしまうことがあります。胃腸の調子が回復し、食欲が戻ることで、体重の減少も止まります。特に食事の量を変えていないのに体重が減少する場合、運動量が増えていることが原因になっているケースもあります。ダイエットに取り組む人には、食事量を変えず、運動をメインに行うという方もいるようです。運動量を多くすることで体脂肪を燃やすことができるために、体重も少しずつ減っていき体も締まると言われているようです。原因が特に見当たらないのに体重が減少していくケースもしばしば見られます。中でも注意しなくてはならないのが、内臓に何か疾患がある合や、内分泌や代謝に異常がある場合です。食習慣も運動量もいつも通りであるにも関わらず、体重が徐々に減少してきているという場合は、病院で相談した方が良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする