肥満と健康

アメリカでは国民の50%が肥満だといいます。肥満は世界的に問題視されつつあり、肥満の健康への影響に関心を持つ人が増加しています。低カロリーの和食から脂質の多い洋食への移行により、日本でも肥満が問題になっています。中でも重視されていることが、肥満が健康を阻害するという点です。肥満は心臓に負担をかけるので、健康にも悪影響を与えることが分かっています。肥満の人は、糖尿病などを発症することが多く、健康維持のためにも肥満はできるだけ解消することが大切です。人間の体は、食事などで摂取するカロリーと、運動や生命維持で消費するカロリーの釣り合いが取れている状態が望ましいものであると言われているといいます。肥満体型になる理由には、消費するカロリー量に比して摂取するカロリー量が多いことが関わっています。肥満は体に余分な脂肪が付いた状態なのですが、脂肪は内臓にも付きます。血液中の脂肪分も増えてしまうので、健康にも決していいことはありません。肥満を自覚している人はダイエットを心がけている人も多いのですが、なかなか成功しないのが実施のところです。一旦重度の肥満になると、適正体重にまで戻すことは並大抵のことではありません。肥満の人は内臓に疾患のあることも多く、そうでなくても体が重いので、膝や腰に負担をかける為健康的とは言えません。健康であり続けるためには、肥満対策が大事です。普段から適正体重を意識し、肥満予防に取り組むようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする