増える体重と生理

増える体重と生理について調べてみました。一般的に、体重が増える理由は摂取カロリーが消費カロリーより多いからですが、女性はそれ意外にも理由があります。体重が増える理由がホルモンの状態に関わることがあります。生理に女性が太る傾向があるというのはこのためです。排卵後から生理までの間は黄体ホルモンによって、体は水分や塩分を溜めやすい体質になる為です。生理中に体重が1キロ程度増えるという人もいますが、普通の症状です。体重が一時的に増えたとしても、生理が終了することで元の状態になります。生理になるとダイエットの努力が水泡に帰してしまうと、最初からダイエットをすること自体をやめてしまう人もいます。食欲がホルモンの影響で変動し、生理中は無性に食欲が高まる人もいます。生理になったからと、食欲のままに飲み食いをするのはやめるべきでしょう。意思が弱まった時が体重が増える契機になってしまいます。これまでのダイエットで頑張ってきた分として少しだけ食べたり、好きなものの一部分を解禁するなどして、自分の中でバランスを取りましょう。朝や昼に食べたものは日中の活動エネルギーに消費されますので、高カロリー食は朝か昼がおすすめです。なぜ体重が増えるのか、その要因を分析してから食生活を改善することでダイエットがうまくいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする