にきび跡の赤みの原因と対策

にきび跡は目立たなくなったものの、赤みはそのままということがあります。

原因は、にきび発症の際に増加した毛細血管が残ってしまっているからです。

にきび跡は消えても赤みを放置していたために肌のコンディションが悪化し、加齢と共にお肌が老化して将来的な肌トラブルを引き起こすことがあるようです。

こういった、にきび跡にできた赤みへの対策としては、ビタミンC誘導体が効果的です。

ビタミンC誘導体とビタミンCは厳密には異なる成分であり、ビタミンC誘導体は肌にしみこみやすく美肌効果の高いものとして知られています。

お肌の保湿に重要なコラーゲンの合成を助けるなど、肌のコンディションの向上効果もあります。

にきび改善効果があるというスキンケア用品にもビタミンC誘導体はよく使われていますが、これは皮脂の分泌を調整する効果によります。

リン酸型ビタミンCと、注目の成分であるバルミチン型ビタミンCが知られています。

肌への浸透効果を考えた場合、バルミチン型の方が効果があるようです。

また、コラーゲンの合成を高めてにきびの治療にも効果的なナイアシンは、刺激が少なくてお肌が弱い方でも安心して使えます。

低刺激のスキンケア用品や、にきび対応型の化粧品もありますので、にきび跡や赤みを化粧で隠す時はそういった商品を活用すると症状悪化を食い止められます。

天然成分でできたミネラルファンデーションがにきび跡の赤みにはお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク