にきび跡の赤みを予防する

にきびができても、赤みやにきび跡にならないように注意しましょう。

これ以上にきび跡や赤みが増えないようなスキンケアができれば、現在あるだけのにきび跡や赤みの軽減に専念できます。

にきび跡の赤み対策においては、新しいにきびを作らないことが最も大切なのです。

にきび対策の基本である、洗顔方法の注意点を2つお話しましょう。

洗顔料で作る泡は、念入りに泡立てることです。

キメの細かい泡をたっぷり作り、その泡をお肌に乗せるようにして洗うことで、泡が顔の皮脂汚れをくるみ取ってくれますし、こすって洗う時のような肌への刺激がなく洗えます。

強く擦ると皮膚に傷がつく心配があり、そうなると肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

洗顔の重要な点に洗顔料の成分をきっちり洗い流すことがありますが、それをしやすくするためにも、弾力のある泡で顔を洗う習慣をつけましょう。

皮膚にこびりついている皮脂汚れを落とすためと手で擦るように洗う人がいますが、洗顔に力を込めて洗う必要はありません。

石鹸の持つ界面活性剤の効果で油汚れなどは浮き上がらせるものであり、こすって落とすものではありません。

ゴシゴシこすれば表皮が傷つくだけでなく、代謝によって剥がれた皮膚の古い角質が毛穴に押し込まれるので、ますます毛穴が詰まったり広がったりしてしまいます。

適切な顔の洗い方を覚えるだけでみ、にきび跡や赤みの対策には効果的です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク