乾燥肌の仕組みとスキンケア

乾燥肌の仕組みとスキンケアについてお話しましょう。

乾燥肌を防ぐスキンケアの基本は、水分補給をマメに行いながらも、皮膚からの水分蒸発を防ぐことで、補給した水分を保持することです。

男性の肌は女性に比べて肌の水分量が少ないうえ、水分の蒸発量が多いので、乾燥肌になりやすいようです。

そして乾燥肌以外のスキントラブルを、女性よりも起こしやすい肌質だといえます。

皮脂の分泌量が多いからです。

ですから、女性以上にスキンケアが不可欠だといえます。

男性の乾燥肌は、肌の表面を毎日のひげ剃りで傷つけてしまうことで、悪化していってしまうのです。

水分蒸発による水分量低下は乾燥肌の原因であり、これと相関関係にあるのが肌表面のバリア機能です。

水分が蒸発して乾燥肌になるのは、このバリア機能が低下することによります。

肌の最も上層にある角質層と呼ばれる部分が、肌表面のバリア機能が担っているそうです。

主な角質層の役割は、バリア機能といって病原菌や細菌、有害物質をブロックするというものに加えて、水分保持および保湿成分の生成があります。

重要な乾燥肌のスキンケアの注意点は、角質層が近接する肌表面を傷つけないようにすることです。

体に強い石鹸成分を擦りつけたり、ひげを古い刃で剃ったりすることはやめましょう。

さらに大切なスキンケアは、外気で汚れた肌を清潔に保つことです。

静電気の起きやすい衣服も乾燥肌には良くないようです。

肌に負担をかける習慣を、化粧水やクリームで水分補給や蒸発防止のスキンケアをするとともに、いろいろと見直してみることが、乾燥肌のスキンケアには重要ではないでしょうか。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク