にきびケアのための正しい洗顔

どのような洗顔をするかで、にきびケアがうまくいくかが決まります。

間違ったにきびの洗顔方法では、にきびを改善するどころか、反対ににきびを悪化させてしまいます。

正しい方法で洗顔をすることで、にきびをケアすることができます。

洗顔をするための手が汚れていると洗顔の効果がありませんので、まずは手をきちんと洗います。

ぬるま湯で顔を洗うことが、顔に負担のかからず、にきびケアにも有効です。

不要な皮脂や汚れだけを洗い落とすためには、ぬるま湯での洗顔がおすすめです。

水が冷たすぎると毛穴が引き締まりますし、お湯が熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまうので逆効果になってしまいます。

効率的に洗顔をするためには、水で絞ったタオルをレンジで温めて、ほかほかにしたもので顔を温めるのもいい方法だといいます。

ぬるま湯で洗顔が終わったら、石鹸や洗顔ソープをしっかりと泡立てます。

泡を顔の上にのせるようにして、優しく顔を洗います。

皮脂汚れができやすい額や小鼻は特に念入りに洗い、にきびを防ぎましょう。

仕上げのすすぎで泡残りがないように、十分にぬるま湯ですすぎます。

にきびのためには、泡汚れを残留させないようにします。

にきびを下手に刺激しないように、流水ですすぐこともやめたほうがいいでしょう。

タオルでゴシゴシ顔をこすると皮膚が痛みますので、顔を拭く時はそっと水を吸い取ります。

にきびをケアするためには、毎日正しい洗顔をするように意識するように心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク