口のまわりにできたにきびのケアについて

口の周囲にできたにきびの正しいケアとは、どんなものでしょう。

思春期は、おでこなどTゾーンににきびができますが、大人になると口の周りやあごなどのUゾーンにも、にきびができやすくなります。

ストレスがたまってホルモンのバランスが崩れると、大人の場合はにきびがふえます。

大人のにきびは、男性ホルモンの働きで皮脂分泌が盛んになることなどが原因でできます。

女性は、ホルモンが乱れやすい生理の前が、にきびに注意すべきタイミングです。

高カロリーの食事をした結果、消化吸収が追いつかずに、お肌のにきびになって現れるということがあります。

腸の調子が悪いと便秘にもなりますし、肌荒れを起こすことがあるでしょう。

髭剃りやメイクによるお肌への刺激もにきびの要因となります。

にきびができたのは、清潔さが保たれていないカミソリの刃で皮膚に触れたことが原因だったりもします。

メイクも化粧品には油分が多く、毛穴が化粧品で詰まってしまうとにきびになってしまいます。

にきびのないお肌になるためには、まず、ストレスをため込まないようにしましょう。

にきびケアのためには、夜更かしは避け、決まった時間に就寝し、起床するという習慣をつけましょう。

カロリー過多な食事にならないようにして、胃腸での吸収が難しいメニューは避けるようにします。

スキンケアもポイントです。

口の周りにできるにきびはちょっとした日常生活の改善でケアできるといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク