背中のにきびケア

背中ににきびケアは、何をすれば効果があるものでしょうか。

まず、背中にきびの原因は汗、皮脂、きつい下着や合わないシャンプーなどによる刺激です。

背中に汗をかいたらすぐに拭くようにすると、にきびはかなりケアできます。

お肌を常時きれいなままにしておきたいならば、汗を吸った下着をいつまでも着ていないで、必要に応じて着替えましょう。

にきびが背中にたくさんできている状態で、服の中側がむしむししていると、にきびが多くなってしまいます。

背中の中心ににきびができている場合には、皮脂が原因となっていることがあるので、お風呂のときにしっかりと洗うようにしましょう。

今使っている石けんが、肌に悪いこともあります。添加物の刺激に肌が負けていることもあるため、石けんを選び直すというやり方もあります。

下着のラインに添ってにきびができている人は、下着が合っていないことが原因です。

化学繊維が肌に合わない人もいますし、サイズが合っていないことが原因の場合もあります。

小さい下着をつけていると、皮膚と下着の接点が強くこすられている可能性があります。

サイズに合わせた下着を着ているかどうかを、改めてチェックしてみましょう。

汗を吸収する、綿製品の下着をつけ、化学繊維をできるだけ避けるようにするといいでしょう。

シャンプーが肌に残らないように、しっかりすすぎましょう。

にきびケアを意識した体の洗いかたは、決して皮膚をタオルで摩擦せず、触り心地のいいタオルで優しく洗います。

背中のにきびケアを自宅で行っても、なかなか改善されない場合には、皮膚科に相談することも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク