にきび跡や赤みを作らない方法

どうすれば、にきび跡や赤みができずに済むでしょう。

肌の炎症や化膿の原因となるにきびは、できてしまうとしばらく肌の目立つところに居座って、なかなか厄介です。

にきびかなくなっても、にきび跡ができることもあります。

皮膚が炎症を起こしているとにきびは赤みが出ますが、にきび跡は肌がクレーター状にへこんだものです。

炎症を抑えて赤みがなくなった場合でも、にきび跡がいつまでも残る場合もあります。

にきび跡がへこみはしなかったものの、色素が沈着して茶色い跡が残っているということもあります。

色素沈着程度であれば、何日かすれば徐々に薄れていきます。

ただし、皮膚が凸凹になってしまったものはその限りではありません。

腫れや膿みがひどかったり、数多くにきびができた時ににきび跡はひどくなりがちです。

にきびが膿むと、膿みを出そうとする人がいます。

赤みを帯びたにきびが化膿することは多いですが、にきびはつぶさないようにしましょう。

つぶれたにきびは細菌を他の場所に感染させ、逆ににきびの症状を悪くしてしまうことがあります。

膿んだにきびは一層治りにくくなり、炎症も長引きますので、にきび跡も深刻なものになりがちです。

にきびができた時に使うようなスキンケア商品もいろいろ出ていますが、にきび跡や赤みを作らないためにはにきびを作らないことが一番です。

にきびがたくさんできてしまったら、皮膚科に行くのもいい方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク