肌のたるみの原因

肌のたるみの原因について調べてみました。

年齢を重ねるとともにどんな人でも肌のたるみが気になってきます。

たるみが発生するのは、どんな理由なのでしょう。

たるみがあると、実際の年齢以上に年をとって見えるようになりがちです。

まぶたのたるみは顔の中でも特に気になります。

歳を取るとまぶたの皮膚が伸びて垂れ下がります。

脂肪の減少も、まぶたのたるみの原因のひとつです。

下まぶたの脂肪を支えていた筋膜がゆるむことによって目の下のたるみも起こってきます。

たるみは顔の様々な部分にできますが、ほうれい線にできるたるみは、周辺の口の脂肪が失われていることや、筋肉が皮膚を支えきれなくなるためです。

顔の筋肉が緩んで脂肪が垂れ下がるとあごのラインもたるんでくるでしょう。

老けを感じる部分に首があります。

特に首はケアしている人としていない人の差がはっきりと表れる部分です。

首まわりの皮膚は意外と色々な時に使っているので、たるむ人は大勢います。

肌のたるみが目立つようになる理由は、筋肉や脂肪が減って皮膚をキープしておけなくなることからです。

肌を支えている物質であるコラーゲンやエラスチンの減少が、肌のたるみの原因となります。

若いうちは豊富にある物質ですが、老化によって、コラーゲンも減り、コラーゲンを繋ぎ止めているエラスチンももろくなってしまいます。

若い頃は常に存在していたヒアルロン酸や皮下脂肪は、年を取ると徐々に少なくなっていき、皮膚のかさが減ってたるみが目立つようになります。

肌の機能が低下して肌自体を支えるのが難しくなり結果として肌のたるみになってしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク