にきび跡がクレーターになる

10代のお肌はにきびができることが多いですが、にきびを悪化させると肌がクレーター状になってしまうことがあります。

にきび跡が顔にできると、とかく目立ってしまいがちです。

成人してからも、ストレスや食習慣の乱れなどでにきびが発生することがあります。

できるだけクレーターのようなにきび跡ができないように、上手にスキンケアすることが大切です。

ホルモンバランスが崩れることで、にきびができるとされています。

にきびができても何もしないでおくことで治ったりもしますが、場合によってはクレーターになることもあります。

にきび跡が顔に残っていることがコンプレックスだという人もいます。

にきびにならないようにして、できてしまうと対策が難しいにきび跡の予防を行いましょう。

にきびができるのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まって炎症が生じるためです。

皮脂や汚れで毛穴が詰まり、皮膚に炎症を起こすことで、化膿したりクレーターのような跡を作ってしまうのです。

にきびを刺激しすぎず、周囲の汚れやほこりを取り除いてきれいな状態にしておくことで、症状を改善することが化膿です。

赤く化膿したにきびや、黒ずんだにきびができたら要注意。クレーターにならないように、にきび跡はしっかりスキンケアをしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク