クレーターになりやすいにきび跡

にきびは、放っておいてもいつの間にかなおるにきびや、にきび跡が残ってしまって肌にクレーターができるにきびがあります。

にきびができると、潰して中の膿を出しているという人もいます。

しかし、にきびを潰すとクレーターになりやすいので、避けましょう。

特に人の手には目に見えない雑菌がたくさん付いています。

細菌が悪さをしたためににきびがますます悪くなり、結果的ににきびの症状が進んでしまうことがあります。

にきびが顔の一カ所に集まっていたり、一つだけ大きなにきびができた場合、にきび跡がクレーター化する可能生が高くなるので要注意です。

にきびがなかなか治らない場合、皮膚科の診察を受けることで回復を早めることが可能です。

病院なら、治りが遅いにきびにも適切に対応してもらえます。

にきびが膿んでおり、腫れていたり、痛みを感じるのであれば病院での治療を受けた方がクレーター状のにきび跡ができにくくなります。

一度できたにきび跡もほとんどが色素沈着で、時間の経過とともに消えていくもの。

お肌の自然治癒により、おうとつのないにきび跡程度であれば、ほどなく見えにくくなっていきます。

これに対して、クレーターのようにでこぼこができてしまったにきび跡は、元の状態には戻りにくいといいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク