クレーターのようなにきび跡を残さないために

にきび跡がクレーター状にならないようにするには、毎日のスキンケアが大事になってきます。

洗顔をしっかり行うことで、清潔でにきびになりにくい皮膚をキープしておけます。

洗顔時は、きめ細かなしっかりした泡をつくり、すすぎは充分に行います。

特ににきびが多く、肌が脂っぽいときには1日2回、洗顔したほうがいい場合もあります。

食習慣に問題がある場合や、睡眠量が足りていないことがにきびの理由になることがあります。

睡眠時間が少ないと美肌にも悪影響ですので、ぐっすりと眠れる時間と環境を整えてください。

油分の多い食事は皮脂の分泌も促進しますので、にきびを抑えたいという時は油脂や糖分は控え目に。

美肌効果があるビタミンCを摂取することで、にきび跡がクレーターになる前に肌の状態を回復させるというやり方もあります。

また、にきび跡がクレーターにならないよう、にきびを刺激しないようにしましょう。

触ったり、髪が触れたりするのもいいことではありません。

最近ではいい薬もあるので、にきびができたら悩まずにできるだけ早く病院にいって治療するのもクレーターのようなにきび跡を残さない方法の一つです。

最近では、ステロイド注射や特殊なテープを使うことにより、にきび跡の症状を改善することもできるようになっています。

医療機関を受診して、クレーターになったにきび跡の改善に取り組むこともできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク