ヒアルロン酸の効果

この頃は、ヒアルロン酸を配合した化粧品や、関節痛予防のサプリメントがあります。

ヒアルロン酸は薬にも使われており、身近に感じる機会が増えている成分でしょう。

ヒアルロン酸は元々人体に存在しており、関節や皮膚にあるゲル状の物質です。

ヒアルロン酸の効果は、膝や、肘など関節部分がスムースに動くように潤滑剤の役割をします。

肌トラブルの改善やしわやたるみを解消する効果もあるため、とても大事です。

コラーゲンやヒアルロン酸は、年を取ると徐々に少なくなっていってしまう成分です。

幼児期と比較すると、30代で体内のヒアルロン酸は25%程度にまで減少してしまいます。

ヒアルロン酸が欠乏した体は、どういった現象が起きるものでしょう。

肌の弾力が失われて乾燥し、うるおいが失われてたるみやしわが増え、年を取って見えるようになってしまいます。

関節部分に関してはクッションのような効果があったものが少なくなるわけです。

加齢と共に関節の痛みが顕著になるのは、関節部位のヒアルロン酸が少なくなったことで、関節と関節の潤滑機能が働かなくなるためだといいます。

ヒアルロン酸が体内にあるために、美肌効果や、関節をなめらかに動かす効果が得られます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク