加齢臭対策に抗酸化サプリメント

サプリメントの作用によって体内の酸化を留めることによって、加齢臭の少ない体を作ることが期待できます。

加齢臭をどのような形でブロックするかはサプリメントによって様々で、酸化防止の手段もサプリメント毎に差があるようです。

加齢臭を減らすというサプリメントは大きく2つに分類され、片方は脂肪酸が分泌されにくくなるサプリメント、もう一つは体内の酸化を防止するサプリメントです。

酸化しにくい体質を作るために必要な成分は、白金ナノコロイドやβカロチン、αリボ酸、コエンザイムQ10、ポリフェノールといったものです。

活性酸素による体内の酸化を防ぐには、ポリフェノールを含むサプリメントを選ぶといいでしょう。

活性酸素が過剰に蓄積されると体内の酸化が急速に進み、加齢臭の原因となります。

加齢臭対策に効果がある成分には、この他に、αリボ酸やβカロチン配合サプリメントがあります。

βカロチンは体脂肪対策に、αリボ酸は疲れやすい体質の改善にも役に立つ成分です。

コエンザイムQ10と白金ナノコロイド配合のサプリメントは、加齢臭対策に用いられる成分の中でも最も効果が期待できるものとして知られているものです。

コエンザイムQ10を体内に取り入れておくと、体内の脂質に酸化の兆しがあるとそれを抑制してくれるといいます。

一方、白金ナノコロイドは、脂質だけではなく、全部で7種類あると言われている活性酸素すべてに作用し、体内で発生しうる酸化を予防します。

抗酸化作用のあるサプリメントは一度効果を発揮するとその性質を失ってしまいますが、白金ナノコロイドは体外に排出されるまで効果は半永久的に持続します。

過剰な脂肪酸の分泌を抑制するビタミンやミネラルなどのサプリメントの服用も加齢臭対策に役立つ方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク