髪の毛・頭皮への紫外線対策が、薄毛を防止

いよいよ夏本番。紫外線対策はしっかり出来ていますか?
特に初夏から夏にかけては、南中高度も高くなり、日照時間も長く太陽光が強くなる為、適切な紫外線対策が必要です。

今回の記事では、紫外線が髪の毛・頭皮に与える影響と、その対策をご紹介します。

1 紫外線が髪の毛・頭皮に与える影響
髪の毛や、頭皮に与える影響が大きい要因は、大きく3つあります。

① 頭皮の光老化
光老化とは、紫外線を浴び続けることにより引き起こされる、肌のしわ・たるみなどの老化の一つです。加齢に伴う老化とは違い、紫外線を浴びた時間と強さにより老化の進行度が変わります。頭皮の光老化が進むと、頭皮が硬くなり、血行不良になってきます。血行の悪い頭皮では、抜け毛が増えたり、新しい髪の毛が生えにくくなるといった可能性が高くなります。

2 頭皮の乾燥
紫外線によって、頭皮が日焼けしてしまうと、頭皮が非常に乾燥しやすい状態となります。日焼けは軽い火傷になっている状態で、頭皮へかなりの負担がかかっている状態です。頭皮が乾燥すると、痒みが生じるだけでなく、抜け毛を発生させる要因となります。

3 髪質の変化
紫外線は、キューティクルも攻撃します。髪の毛の一番外側に位置する『キューティクル』は、髪の内部を守る大事な役割を持っています。紫外線によって、キューティクルがダメージを受けてしまうことで、触り心地や艶も大きく悪化してしまいます。紫外線でダメージを受けた髪をケアしなければ、切れ毛や枝毛などが生じ、髪質が弱くなってしまう危険性があります。

2、紫外線から髪の毛・頭皮を守る方法
 効果が高い3つの対策を紹介します。

1 帽子の着用
最も簡単で、効果が高い対策です。紫外線を直接カットできるので、頭皮や髪の毛を守ることが出来ます。
しかし一つ気になるのは、帽子をかぶると、蒸れて薄毛になる…とかうわさがありますよね。結論からいうと、帽子の着用が悪いわけではありません。帽子着用の後、蒸れて汗をかいている頭皮を、しっかり洗えているかどうかです。しっかりと洗えていないと、薄毛の原因や、臭いの原因になります。

2 日傘の使用
帽子を被らずに、日傘を使うことも非常に有効な紫外線対策です。最近では「日傘男子」とうい言葉もできているくらい、男性にも浸透してきました。帽子と違って、通気性がいい為、蒸れたりすることがないのが、特徴です。

3 日焼け止め利用
一番のおすすめはスプレータイプの日焼け止めです。スプレータイプだと簡単に広範囲に使用出来るからです。ただ、スプレータイプの場合は特にですが、汗などで流れたり、UV効果が時間と共に薄れてきます。紫外線を浴びる可能性がある場合は、数時間おきに塗り直しは必要です。

3、まとめ
 人体の中で、頭皮と髪の毛は、太陽に最も近い部分です。特に何も対策をしていないと、多くの紫外線を受けてしまいます。何も対策をしていないと、髪の毛や頭皮に大きなダメージを受け、光老化が進んでしまいます。
 しっかり対策を行うことで、頭皮と髪の毛を守りましょう。紫外線対策こそが、薄毛予防の近道です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク